蔵王エコーラインツーリング

蔵王エコーラインでゆったりツーリング

たまには平和な走りやすい道を走りたい。
最近整備されてる道よりも、ちょっと荒れてる感じの道を走ることが多かったんで、持っとこう、落ち着いた道を走りたいなぁと思ったときに、蔵王エコーラインの存在を知りました。

宮城県と山形県を結ぶ山岳観光道路として知られる蔵王エコーラインは、無料開放されている、ツーリングスポットとしても有名な場所です。
名ある程確かに、整備されていてめちゃめちゃ走りやすく、快適にツーリングすることが出来ました。

今回は宮城サイドから突入したのですが、なかなかどうして、最高の景色を楽しめた!
遠刈田温泉から、森林の中を進んでいくと、どんどん標高が上がっていって、気がついたら雄大な景色に突入。
元々は火山なんですけど、火山ならではの最高の景色を満喫することが出来ました。

季節ごとに楽しめるスポットです

今回は特にシーズンに合わせて行かなかったんですけど、この蔵王エコーライン、シーズンによってはより一層美しい景色を堪能出来るのだとか。

特に人気が高いのが雪の壁として知られる冬シーズン。
除雪された道路の両端に、たっぷりと積み上げられた雪が高く壁のようにそびえ立ち、雪の壁になっているそうです。

エコーラインの冬季閉鎖期間は、11月前後~4月下旬にかけて、積雪の状態を見て決められるのだとか。
4月下旬に開通されてから、5月の半ば頃までは、雪が残っているから、その間が雪の壁として楽しめるわけですね。

エコーライン冬期閉鎖中、雪の壁を歩いて探索することが出来る、雪の壁も人気があることで知られています。

冬シーズン以外にも、見所はたくさん。
個人的には、紅葉シーズンも捨てがたいです。

9月下旬から、赤や黄色の紅葉を楽しめるスポットに早変わりするみたいで、そう言う楽しみ方もありだなぁ、と。
今回も景色は綺麗でしたけど、そう言ったときにこそ、ツーリング楽しみたいですね。

混雑には要注意!

今回は特にシーズンじゃ無かったんで気にならなかったんですけど、シーズンだと、めっちゃ混むらしいです。
特に、雪の壁、紅葉シーズンは、観光スポットにもなるのだとかで、かなりのお客さんで賑わうのだとか。

そりゃあ皆そういうタイミングで来ますよね。
なんてったって、無料道路ですしね。

ツアーを組まれている事も有るみたいで、タイミングによっては、かなりの混雑が予想されるそうなので、どうぞお気をつけ下さい。
僕も行くときは気をつけます。

後は、冬期通行止め期間はどうしても、その年によっても変わるので、確認が必要です。
他にも5月中旬に、自転車ロードレースが行われる関係で、一時的に通行止めになるタイミングなどもあるのだとか。