嬬恋パノラマロードツーリング

道が開放的

嬬恋パノラマロードとは嬬恋にある広域農道のことであり、ツーリング好きの中では有名なスポットとなっています。

地元の人達以外にはほとんど知られておらず、車がほとんど走っていないため、ツーリングを楽しむには最適な場所なのです。
嬬恋パノラマロードは全長が約30キロあり、嬬恋村を三分の二周するぐらいの距離があります。

嬬恋パノラマロードを走っていると大自然を満喫することができて、思う存分バイクで走り回れるのが特徴となっています。
このような特徴があると知っていたため、私は嬬恋パノラマロードを走ることをとても楽しみにしていました。
走ってみると最初は普通の農道のようだったのですが、だんだんと景色が開けていき、丘陵地帯に入っていきました。

北海道みたいなところだと聞いていたのですが、実際に走ってみるとまさしくそのような印象を抱きました。
細かく見ていけばもちろん北海道との違いはあるのですが、大まかな印象はまさしく北海道そのものといった感じでした。
メイン道路だけではなく農道の中にも入ることができるのですが、これがとても楽しかったです。

小さい幅の道をバイクで走るのは大きな道を走るのとは違った良さがあるのです。
どこに行っても良い景色ばかりが広がっているため、何度もバイクを止めては写真を撮影しました。

嬬恋パノラマロードをとことん満喫

嬬恋パノラマロードを走っていると途中に展望台があり、そこにはツーリングでやって来たバイクがたくさんありました。
展望台からの景色ももちろん良いのですが、それよりも自分で見つけ出した独自の景色を楽しむ方が良いなと感じました。

道端でバイクを止めて、そこから何気なく見渡すことができる景色の方が感動することが多かったです。

嬬恋パノラマロードは脇道に入ることをおすすめします。
その方が嬬恋パノラマロードの良さをより感じることができるでしょう。

ずっと走っていると、周囲の景色がどんどん移り変わっていくため、いつまでも飽きずに走り続けることができるのです。

基本的にはキャベツ畑が周囲にどこまでも遠くまで広がっており、その中を突っ走ることができます。
遠くの方には浅間山が見えるのですが、これがとてもキレイで存在感を放っています。

一度、まったく立ち止まらずにずっと走り続けてみたのですが、そのときの爽快感は他では得られないものでした。