瀬戸大橋ツーリング

人気のツーリングスポット、瀬戸大橋

九州地方でも有数のツーリングスポットとして知られている、瀬戸大橋。
自分もずっと行って見たくて、先日とうとう休日を利用して行ってきました!

瀬戸大橋は四国を渡るためのルートの一つで、今まで四国地方初だったのでとりあえず一番ライダー人気が有るといわれている瀬戸大橋に今回挑戦。
本当に人気が有るのかどうかは、友人に聞いたので定かでは無いのですが、確かに、なるほど綺麗な景色で、人気になる理由もわかります。

が、瀬戸大橋、舐めてかかったらかなり危険です。
行く日によっても変わるとは思うんですけど、自分が行ったときはやたらと強風で、どうしてこんなに風が強いのか、正直、もうダメだと思ったタイミングが多々ありました。

どうも調べてみたところ、自分が行った時だけでは無く、結構瀬戸大橋は風が強い日が多いみたいで。
数ある四国の橋の中でも、ふきざらし感が強いこともあって、強風に煽られやすいみたいですね。

橋の上は風速11メートル前後になる事が基本みたいなので、ちょっと本当にお気をつけ下さい。
下手にスピード出しまくったり、景色に見とれまくっていると、多分やられます。

多分ハーレーとかの重めのバイクだったら大丈夫なんでしょうけど、残念ながらそうではなく。
軽いバイクで渡ろうとしている方は特に、要注意して下さいね!!

道の駅でゆったり休憩

さてはて、なかなか過酷なライディングをした後は、休憩がてら道の駅へ。
道の駅たからだの里さいたで、美味しいうどんを食べてきました~。

やっぱり香川のうどんは、さすが本場。
コシもスープも、そんじょそこらの物とは比べものにならないですね。
一言で言うと、めちゃめちゃ美味しかったです。

道の駅でゆったりと一服してから、そのままお宿の方に直行。
夕食付きのお宿でかなりお得な値段で泊まれたのと、簡素な露天風呂もあったりして、個人的には大満足。

リアス式海岸の切り立った崖がかっこいい

やっぱり瀬戸大橋近辺を行くのであれば、リアス式海岸近辺も忘れられないです。
切り立った崖が建ち並び、何だかミステリーの最後を見ているかのような、雰囲気の有るスポットを巡ってきました。

リアス式海岸は全長25キロあるとのことでしたが、夢中で走ってたらそんなに感じなかったですね。
天気も良くて、爽快に走る事が出来たのも、良かったのかもしれません。

というわけで、途中命の危険を感じながらも、途中で色々と景色を満足しつつ、大満足な旅となった、瀬戸内大橋近辺のツーリング。
途中で食べたグルメもとっても美味しかったので、また機会があれば是非是非行きたいです!

にしてもあのリアス式海岸近辺は、やたら迫力があって凄かった…。