西方ツーリング

二日間走り続けました!

西方ツーリングをすることにしたのですが、これだと意味が分からないという方は多いでしょう。
西方というのはとにかく西へ西へとツーリングで進んでいこうというものです。
二日間、ずっとバイクで走り続けたのですが、とにかく疲れてしまいました。

まずはフェリーに乗って和歌山県まで向かい、そこからさっそくバイクで出発しました。
高速に乗り、中国自動車道へ入り、どんどんバイクで走って行きました。
途中にあるサービスエリアで休憩していきながら、どんどん先は先へと進みました。

山の近くを走っているととても涼しかったので気持ちよく走ることができました。
中国道のあとは舞鶴若狭自動車道に入ったのですが、車がとても少なくかなり快適でした。

夜になってくるとさすがに寒くなってきたのですが、無事、宿に到着したため良かったです。
宿ではその日の疲れをすっきりと癒やして、ぐっすりと気持ちよく眠ることができました。

無目的なツーリング

今回の西方ツーリングは行き先や目的などは一切決めずに走っているため、途中でこれからどこに行こうか考えながら走っていました。

まずは竹田城へ向かってバイクを飛ばしたのですが、とても見晴らしの良い場所でした。
石垣がとてもキレイな点が特徴的であり、観光客がたくさん集まっていました。

次の目的地としては、これまで実は行ったことがなかった鳥取砂丘へ向かうことにしました。
鳥取県といえば正直いって鳥取砂丘しか思い浮かばないのですが、とても楽しみにしていました。
バイクを高速で飛ばし続けたためにあっさりと鳥取砂丘へ到着することができました。

鳥取砂丘はイメージ通りの場所であり、砂が一面に広がっていて、ここは本当に日本なのかと疑問に思うぐらいでした。

噂に聞いていたのですが、本当に鳥取砂丘にはラクダがいたのを見て興奮しました。
砂丘のてっぺんまで登ってみたのですが、意外と高かったので驚きました。

そのあとは、これ以上西方へ進むのを諦めて、帰ることにしました。
西方ツーリングはこれまで通ったことのない道を進んでいったため、意外と楽しめました。

これからはツーリングでどんどん行ったことのない新しい場所へ旅に行きたいなと思いました。
いつも同じようなエリアばかりを走っていたのですが、せっかくのツーリングが退屈なものになってしまいます。