北陸ツーリング

和倉温泉でのんびり

何となくこれまで行ってみたことのないエリアへ行きたいと思ったため、北陸ツーリングを計画しました。
とりあえず富山県まで向かい、そこで一泊して、今回のツーリングのメインである石川県まで向かいました。

まずは能登半島をどんどん北上していき、途中で和倉温泉に到着しました。

こちらは北陸地方において有名な温泉街として知られた街のようなので、適当にぶらぶらしてみました。
途中で加賀屋という有名な旅館があったのですが、とても豪勢な見た目をしていました。
一度はこのような立派な高級旅館に宿泊してみたいものだなと思いながら、和倉温泉を後にしました。

能登島の方まで向かってみたのですが、とても風光明媚なところであり、気持ちをリフレッシュできました。

能登半島を走っていると田んぼがそこら中に広がっている光景がとても新鮮でした。
海沿いに田んぼがたくさんあるのはとても珍しいなと思いながら走っていました。

北陸というのはどこもかしこも田んぼだらけであり、かなりの水郷地帯だということを実感しました。
あとで調べてみると北陸というのは新潟や秋田に負けないほどの米どころであることを知りました。
今度、機会があれば北陸の米を買って実際に食べてみようかなと思っています。

北陸ならではの要素を満喫

北陸ツーリングへ行くというと友達から石川のグルメの鉄板である8番らーめんを紹介されました。
実際に食べてみると、基本的に薄味でありあっさりとしていてとても美味しかったです。
もし家の近所にあれば、頻繁に食べに行ってしまうなと思いました。

輪島市には白米千枚田という柳田百選に選ばれているところがあるのですが、とても素晴らしい絶景でした。

実際、田んぼの数は約千近くあるようで、まさに千枚田な場所なのです。
海の色はとてもキレイであり、豊富な自然が残されている素晴らしい土地だと感じました。

石川県の観光スポットとして全国的にも有名なのが千里浜なぎさドライブウェイです。
今回のツーリングで最も楽しみにしていたのがこちらであり、砂浜を車で走ることができるのです。

バイクで試しに走ってみたのですが、標識がきちんとあり、海風を浴びながら気持ちよくバイクを走らせました。

最後は金沢市へ立ち寄ってみて、いろいろと観光めいたことをして楽しみました。
夜景を記念に見ていきたいと思っていたため石川県庁へ向かったのですが、とても贅沢なスポットでした。
素敵な夜景を写真に収めて、北陸ツーリングは終りを迎えました。