バイクメンテの基本工具

バイクのメンテナンスの楽しみ

バイクというのは気軽に乗れてどこにでも行けることが楽しみの一つです。
そのため、バイクに乗ることが楽しみとなりどんどんとバイクへの愛着も高まるものです。

そうすると少しでも長く愛用のバイクに乗れるようにとメンテナンスも丁寧に行おうと考えるようになります。
常にバイク屋に行き点検をするとなるとランニングコストがかかり思うようにメンテナンスができなくなります。

そこで、自分でメンテナンスをするという方法があります。
自分でメンテナンスをするとコストカットができるだけでなく、さらにバイクへの愛着も湧くようになるものです。

メンテナンスと聞くととても難しいものをイメージするものです。
確かに内容によってはハードルが高く自分ではできないものもあります。

万が一外したパーツが戻せなくなってしまったり取り付けに失敗したりすれば故障の原因にもなります。
そこで、まずは自分でできそうなメンテナンスから初めて見ることがおすすめです。

バイクメンテナンスに必要な工具

メンテナンスを行うためには工具が必須です。
しかし必要な工具としてどれを選べば良いかわからないということが多いです。

確かにプロが用いているような工具箱にビシッと揃ったものはカッコ良いですし、あれを欲しいと思う人も多いです。
しかし、不要なものを購入してしまうとお金の無駄になります。
工具は決して安いものではないので、少しずつ必要なものを揃えていくことがベストです。

そこでおすすめな方法として、まずはメンテナンスをしたい場所とそのメンテナンス方法を調べます。
そのメンテナンスに必要な工具から準備をしていくことが効率よく揃えていくことができます。

工具を選ぶ際に重要なことはぴったりと金具に合うことです。
メンテナンスの中には今まで自宅で使っていたドライバーやレンチでも対応できるものがあるため、多くの人はそういったものから始める傾向にあります。
もちろん手持ちの工具で行えるメンテナンスというのは内容としてもさほど難しくないものが多いのでおすすめです。

ただし今まで使っていた工具の場合には先が曲がっていたり潰れていたりすることがあります。
そうするとネジがうまく工具にはまらなずに、ネジが曲がってしまったり折れたりすることがあります。
それを防ぐためにもまずは安くても良いので新品を準備してメンテナンスを行うことがおすすめです。

まずは簡単なメンテナンスから初めて本格的に工具を揃えたいと思うようになったら国産やが以外のブランド物の工具を選ぶことがおすすめです。
その際に、どれでも良いわけではなく、ブランドの特性を見て選ぶことが重要です。
ブランドによって絵の長さや重さに違いがあるためです。

手持ちの工具を使っていくうちに自分にあった工具がどのようなものかがわかってくるものです。
その感覚を元に工具屋やバイクショップで選んでいくことで自分にあった工具が選べます。

バイクの盗難対策

バイクの盗難事故

自分のバイクが盗難にあうなんていうことは誰もが想像しないものですし、想像したくもないものです。
バイクが盗まれた場合、新しいものを買い直すのはとても悲しいことです。
それはお金の問題もですが、愛着のあったものを手放す寂しさもあります。

同じ車種を購入しても不思議と乗り心地というのは違うものです。
またバイクは自動車よりも手軽に出かけられるため多くの人が様々な場所にバイクで出かけているものです。
そのため思い出も多くあるので失った時の悲しみはとても大きなものになります。

バイクは車に比べて軽いですし、高級なものも多くあるのでプロの窃盗団に狙われやすいです。
車よりもパーツも豊富なので本体は盗まれなくてもカスタムパーツのみを盗られるというケースもあります。
特にパーツは素人でも簡単に取り外せるので盗難件数はとても多いです。

愛車を盗難から守るために

盗難被害からバイクを守るためには盗難対策が重要となります。
バイクの盗難台数は原付も含めば年間4万台以上と言われています。
これは毎年販売される新車の二輪車の1割に該当する件数であり、そうなると自分が当事者になる可能性も十二分にあるという現実を理解した上でしっかりと対策を練ることが重要です。

バイクの盗難には盗難されやすい車種と盗難されやすい地域とがあります。
購入する際には盗難されやすい人気車種を控えることも一つの対策です。
また、警察によっては汎愛用法マップが出ているので盗難に遭いやすい地域の場合に住んでいる場合には強めの対策をするよう配慮することが重要です。

防犯の必須アイテムバイクチェーン

バイクの盗難対策として最も活用されているのがバイクチェーンです。
バイクチェーンにも様々なタイプのものがあり、価格も幅広いので自分に合ったものを選ぶのが重要です。

バイクチェーン選びでまずきになるのがチェーンの太さです。
やはり太いものの方が良いですが、太ければ良いわけでもありません。

中にはチェーンは太くても切りやすいものもありますし、逆に細いのに切りにくいものもあります。
クリプトナイト社のバイクチェーンは強度が高いと定評があります。

また、チェーンの鍵の種類もダイヤル式よりはシリンダー式の方が安心です。
ダイヤルは数がわかれば外せますが、シリンダーは鍵がなければ外すのが大変であるためです。
ただ、シリンダータイプは鍵を紛失したら自分も外せなくなるので、スペアキーの管理が重要となります。

バイクチェーンの絶対に安全とは言えないので、防犯効果を高める工夫をすることも一つの方法です。
例えばバイクチェーンを複数つければ外す手間が増えるために防犯効果が高まります。
また、チェーンに重りをつければ外しにくくなりますし外したチェーンの取り扱いも面倒になるので敬遠されます。

バイク車検に必要な書類と費用

バイクに車検は必要か

車であれば車検を受ける必要があります。
新車を購入すれば登録から3年、以降は2年おきに行う必要があります。
これは自動車の種類によって少し異なりますが、ほとんどが2年に1度は車検を受ける必要があります。

同様にバイクでも車検が必要な車種があります。
250CC以下のバイクというのは車検が必要なく、それを超えるものは車検が必要です。

ただし、車検が必要ないバイクに乗る際に車検がないから楽だと考えるのは危険です。
バイクは乗っていれば経年劣化も起こりますしトラブルも抱えるものです。
自分の命を守るためにも周囲の人の命を守るためにも必ず定期的に自分で整備をしたりメンテナンスがあります。

バイク車検の時期と費用

バイクの車検も普通自動車と同じく初回登録後は3年、それ以降は2年ごとに受ける必要があります。
対象となるのは250cc以上で、あまりユーザーはいないですが300ccや350ccも対象となります。

ディーラーやガソリンスタンドといったお店で車検を受ける際に事前準備が必要な書類として、車検証、自動車損害賠償責任保険証明書、軽自動車税納税通知書を用意するのが一般的です。
それ以外の書類については多くの場合には業者が用意してくれ代行してくれるのでこれだけあれば大丈夫です。

もしも納税通知書を紛失していたら再発行ができますので役所の納税課へ問い合わせて再発行しておきます。
ただし、自動車税を滞納しておらず、納付から3週間以上経過していれば納税証明書の提出は不要です。

ユーザー車検の浸透

車検料というのは高いものです。
安全にバイクに乗るためには必要なことではあるものの、少しでも車検料を抑えられたらと思うのは当然のことです。
そこで、最近では規制緩和も相まって自分で車検を行うユーザー車検を利用する人が増えています。

ユーザー車検を利用すると整備業者に支払う手数料や技術料が不要となるので3万円程度節約ができます。
書類の準備や自分で車検を行う手間はかかりますが、自分のバイクを自分で点検できることやリーズナブルに済ませられることから人気です。

ただし、自分で整備するためにはバイクの知識を身につけておく必要があります。
車検の目的はあくまでも通すことではなく不具合の事前予防やメンテナンスです。
事前にバイクの整備知識を身につけて、自分のバイクの状況を正しくジャッジできるようにしておくことが重要です。

ユーザー車検の場合には自動車検査インターネット予約システムや電話で検査場の予約をする必要があります。
混雑しているとなかなか希望日に予約が取れないこともあるので車検切れを防ぐためにも早めに行動することが望ましいです。
特に2月や3月は車検シーズンで混み合うので早めに予約したり車検時期を早めにしたりと調整する方が良いです。

新型バイクヘルメット

最新ヘルメットは凄い

最近のバイクのヘルメットは最新技術が惜しげもなく投入されており、高機能なものがたくさん登場しています。

たとえば、米国のSkully Helmetsという企業からはSKULLY AR-1というヘルメットが出ています。
こちらはリアビューモニターが付いているのが特徴的であり、最新式のヘルメットです。

このヘルメットはライダーにとっての死角をなくすことを目標に開発されています。
つまり、こちらのヘルメットを装着していれば、走っているときに死角がまったくなくなるのです。

ヘルメットの後部には180度のカメラが設置されており、それがシールドの右下に表示されるようになっています。

これによって、前方を向いたままの状態で全方位の様子を確認することができるのです。
まるで昔のSF映画の世界の中に登場するような最新のヘルメットとなっており、安全な走行を可能にします。
自分の後方にいる自動車やバイクがどのような状況となっているのか常に確認できるのです。

こちらのヘルメットを操作する際には音声を使用するシステムとなっています。
たとえば、英語でPlay Musicと語りかけることによって、音楽が再生されます。

バイクを運転しているときには、ボタン操作をするわけにはいかないため、音声による操作というのはとても便利で安全なのです。

こちらのヘルメットにはナビシステムも搭載されており、ロードマップをシールドに表示して、音声ガイドによって案内させることができます。
現在の気温を表示させたり、スマートフォンに届いたテキストメッセージを読み上げてもらう機能もあります。

これからのヘルメット

このように現在のバイクのヘルメットはとても高機能なものとなっており、これからもどんどん進化を続けるでしょう。

これからは多機能音声コントロールによるヘルメットが標準化されていくでしょう。
たとえばGPSマッピングによって、地図モードや航空写真モードを選択できるようになります。

これによって現在位置を正確に把握できるようになるため、ツーリングはとても快適になるでしょう。
将来的にはテレビ電話が可能になるかもしれず、ツーリングの環境は大きく変化するでしょう。
スマートフォンを経由してインターネットに接続できるようなヘルメットもあります。

ヘルメットにディスプレイが内蔵されているAR型のヘルメットはこれからどんどん一般化されていくでしょう。
このような高機能ヘルメットは現在数十万円という価格になっているのですが、今後はどんどん安くなっていくはずです。

将来的には数万円程度のお金で高機能ヘルメットを買えるような時代となるでしょう。
今後のヘルメットの進化は見逃せないものがあるため、最新情報をチェックしましょう。

人気バイクランキング

パワフルな走行

世の中にはさまざまなバイクが出ているのですが、その中でも人気の高いものを紹介しましょう。
まず、バイクのスタイルの中でも特に人気が高いのはどっしりとしたスタイルが特徴的なクルーザーです。
クルーザーはバイクらしいバイクであり、女性からも人気が高く、洗練されたデザインが特徴的です。

各メーカーからいろいろなクルーザーが出ているのですが、その中でも、YAMAHAから出ているVMAXは根強い人気を集めています。

こちらは和野テイストを重視しており、なんと金剛力士像を参考にして考えられたデザインが魅力的です。
躍動感のある見た目であり、馬力があり、パワフルな走行を楽しめるでしょう。

実用的であり、生活に密着しているバイクとしてビッグスクーターは人気が高いです。
安定感があり、個性的であり、かっこ良いデザインのものが多く出ています。

特にSUZUKIから出ているGemmaというビッグスクーターは二人乗りがしやすくて、バイクにまたがった状態でヘルメットが収納できるのが特徴的です。

ノスタルジックな雰囲気があり、可愛らしいデザインが特徴的なレトロモダンは幅広い世代から支持されています。

男性からも女性からも支持されており、見た目のデザインが好まれているのが特徴です。
そんなレトロモダンの中でも人気が高いのはYAMAHAのSR400です。

こちらは1978年に登場したものですが、2010年モデルではインジェクションを採用しました。
ただし、基本的な見た目は従来と変わらないために、懐かしい雰囲気のあるバイクであり、若者から中高年までに支持されています。

その他の人気バイク

シンプルな見た目が特徴なネイキッドは根強い人気があり、初心者から上級者までが乗り回しています。
ネイキッドバイクの中でも特に人気の高いのはKAWASAKIから出ているZRX1200DAEGです。

こちらはボディはコンパクトになっていて、スポーツネイキッドとしてアグレッシブに走れます。

積載量が高いのが特徴的であり、オールマイティにいろいろな要素に使えるでしょう。
HONDAのCB400 SUPER FOURはパワフルな走行が楽しめることから人気となっています。
燃費が優れているという特徴があり、見た目もかっこ良いためおすすめできます。

スポーツ系のバイクが気になる方にとってフルカウルスポーツはたまらないカテゴリーとなるでしょう。
BMWの最新スポーツであるS1000RRはビギナーの方からエキスパートまでが楽しめる車種として人気が高いです。

YAMAHAのYZF-R1も本格的な走行を楽しめて、洗練されたスタイリングも魅力的です。
このようにいろいろな人気の高いバイクがあるため、これから購入する際の参考にしてください。

合宿免許のススメ

良い思い出がつくれる

バイクの免許を取得する際には通学するか合宿を利用するか、どちらかを選ばなければいけません。
私が断然おすすめするのが合宿免許であり、こちらの方がいろいろなメリットがあります。

まず、免許を取得するためにかかる時間について説明すると、合宿の場合は1週間から2週間で取得できてしまいます。

通学で取得する場合にはスケジュールの都合もあり2ヶ月近くかかってしまうことを考えれば、合宿免許はかなり効率が良いのです。

もちろん、合宿する必要があり、ある程度まとまった日程を空けておく必要があるのですが、短期間で確実に習得できるためとてもおすすめできます。

通学の場合は、たとえば自分が希望する教習を受けられないということがあり、キャンセル待ちをしなければいけないこともあります。

わざわざ教習所まで通うのにも時間がかかってしまい、場合によっては非常に混雑していることもあります。
このような状況で免許を取得するのはとてもストレスのかかることであり、予約を取るだけでも大変なのです。

合宿するということは、普段の生活の場を離れるということであり、ちょっとした旅行気分を味わえるでしょう。
最近は合宿免許の内容も豪華になっており、いろいろな楽しみを用意していることも多いのです。
楽しい時間を過ごしながらバイクの免許を取得できるため、良い思い出を作れるでしょう。

合宿免許にはメリットが多い

合宿免許の場合は教習料金や検定料、宿泊費、食費などがすべて込みとなっています。
これらすべてを合わせた料金でも通学するよりも安くなっているため、とてもお得です。

合宿免許の場合は基本的にすべての人が確実に免許を取得できるため、安心して免許取得を目指せるでしょう。

合宿所には多くの人が集まるため、そこで新しい出会いが待っています。
若い方から中高年の方までいて、男性も女性もいて、いろいろなタイプの人達が集まっているのです。
そのような人達と交流を深めるための時間もあるため、新しい友達を作れるでしょう。

それぞれの教習所では特徴的な合宿免許のプランを用意しているため、自分に合ったものを選択できます。
プライベートを重視している合宿目居では、ホテルのシングルルームに宿泊できるプランもあります。

バイキングの食事に力を入れていて、毎日美味しい料理を食べられる合宿免許もあります。
女性でも安心して参加できるような合宿免許や、格安プランを用意している合宿免許もあります。

免許を習得するためのローンを用意しているところもあるため、費用面で不安を抱えている方も大丈夫です。
このように合宿免許にはたくさんのメリットがあるため、ぜひとも考慮してください。

バイクを売る時は買取専門店がおすすめです

どこで売る?

バイク好きの方はできれば自分の愛してきたバイクを手放したくはないと思うものです。
しかし、いつまでもバイクを持ち続けるわけにはいかないため、いつかは手放してしまうことになります。
せっかくバイクを手放すならば、できるだけ高い買取価格で売るべきでしょう。

バイクを売る方法としては、バイク販売店に買取してもらうか、あるいはバイクの買取専門店に売却するという方法があります。

これらのうち、私がおすすめする方法はバイクの買取専門店を利用することとなります。
買取専門店を利用することにはいろいろなメリットがあるため、おすすめなのです。

買取専門店とは、バイクを買取することを専門としているため、販売店よりも高く買い取ってくれることが多いです。
バイクを買い取ったあとの販売ルートをきちんと確保しているために、高い買取価格を提示できるからです。
きちんと業者を選ぶことによって、できるだけ高い査定価格を出してくれるところに売れるでしょう。

査定スタッフは丁寧な対応をしてくれるため、こちらから要望を伝えればそれをきちんと聞いてくれます。
査定結果に不満があるなら質問をしたり、ときには交渉に応じてくれることもあります。

基本的にどのような車種にも対応している買取店が多いため、どんなバイクを持っている方でも安心して売ることが可能です。
買取専門店にもいろいろあるのですが、その中でも特におすすめの会社を紹介します。
>>http://www.bikeone.jp/

バイクを売るときの注意点

バイクを買取専門店に売るならば、いくつか注意点があるため教えましょう。
まず、無料で出張査定を行っている業者を利用することをおすすめします。

このようなサービスを用意している業者ならば、スタッフがあなたのバイクのところまで無料で駆けつけてくれるため、とても楽です。

全国展開している業者の方がネットワークが広くて、情報量が多く、より高額で買取してくれる可能性が高いです。
他社よりも高額な査定をすると宣伝している業者ならば、お得にバイクを売れるでしょう。

24時間365日対応している業者があるため、そちらならば、時間の都合を気にしないで利用できます。

その日のうちに即日で買取してくれる業者があるため、すぐにでも売りたいという方はそういう業者を利用しましょう。
バイクの買取専門店に関する情報はインターネットを利用すれば簡単に集められます。

いろいろな業者があるため、それぞれのホームページをチェックして、どこに売った方が良いのかを考えましょう。

バイク保険の情報

リスクが常にある

バイク保険はバイクを運転する者にとってとても重要なものであり、絶対に入っておくべきものです。
バイクに乗るならば、必ず自賠責保険に加入しなければいけないのですが、それ以外の保険については任意となっています。
ただし、任意保険に入っておかないと、万が一の事故の際に高額な賠償金を請求されるケースがあります。

任意保険というのは自賠責保険だけではまかないきれない部分を補填するためにあるのです。
バイクによる交通事故では億単位の賠償金を支払う必要のあるケースも過去に存在します。
バイクを運転するということはこのような高額賠償のリスクが常にあるのです。

したがって、実質的には任意保険というのはほとんど必須のものとなっているのです。
任意保険にもいろいろな種類の保険が存在しており、それぞれ特徴が異なっています。

対人賠償保険をはじめとして自損事故保険や対物賠償保険、無保険車傷害保険搭乗者傷害保険といったものがあります。

保険会社では複数の種類の保険をあらかじめパッケージしているセットプランも用意されているため、とても便利です。
このような保険のことをPAPと呼ぶのですが、保険会社によって内容は違います。

基本的には対人賠償保険と対物賠償保険は最低限含まれていることが多いです。

1種類だけを選択できるものもあるのですが、こちらは対人示談交渉が含まれていないことがほとんどのためおすすめできません。
それぞれの保険について補償額を設定していくことになり、それによって保険料が決まります。

バイク保険はとても重要

保険料は排気量によって区分されており、125ccよりも上か下かによって分かれています。
つまり、250ccであろうが1500ccであろうが、保険料は基本的に同一となっています。
運転者年齢条件というものがあり、年齢が上がっていくほど保険料は割安になります。

ノンフリート等級別料率という制度があるのですが、これはほぼすべての保険会社が使用しています。
等級ごとに保険料の割引額や割増額が設定されるものであり、無事故であれば保険料が割安となっていくのです。

このような仕組みによって成り立っているバイク保険はとても重要なため、これからバイクに乗ろうと考えている方は真剣に考えましょう。

実際には任意保険に加入している方は少ないのが現実となっており、そのために事故の際に苦労している方は多いです。
万が一のリスクを考えれば、保険料を支払うことはとても安い出費といえるでしょう。

真剣にバイクのことを考えているならば、任意保険には必ず加入しておくべきです。
万が一、バイクが盗まれてしまったときのための盗難保険もあるため、こちらもチェックしておきましょう。

バイク免許の種類

好みや用途に合わせて決める

一口にバイクといっても、その中にはいろいろな種類が含まれており、バイクの免許にもたくさんの種類があります。
バイクの免許はすべてのパターンを合わせると7種類あるため、自分の乗りたいバイクに合わせて免許を取得しましょう。

原動機付自転車免許をはじめとして普通二輪小型免許と普通二輪、大型二輪、AT限定小型、AT限定普通、AT限定大型という7種類があります。

たとえばAT限定の免許を取得してしまうとミッションのついているバイクには乗れないといった制限があるため気をつけましょう。

AT限定は解除することができるのですが、そのためにお金と時間がかかってしまうため基本的におすすめしません。
いわゆる原チャリの免許を取得したいならば、原動機付自転車免許を取得しましょう。

排気量は50ccまでであり、16歳から取得することができるのが特徴となっています。
普通自動二輪小型限定は125ccまでのバイクに乗ることができるため、街乗りしたい方なら十分でしょう。
こちらは二人乗りが可能となっているのですが、高速を走ることはできません。

普通自動二輪は排気量が400ccまでのバイクに乗ることができるようになり、本格的にバイクを楽しめるようになります。

高速道路を走ることができるようになる点がポイントであり、排気量が上がるためにパワフルな走りを楽しめます。
普通自動二輪であれば、車種は豊富に揃っているため、いろいろなバイクの楽しみ方が可能となります。

大型自動二輪は18歳以上でないと取得できない免許であり、排気量は無制限となります。
大排気量のバイクに乗れるようになるため、快適なツーリングを楽しめるでしょう。

免許を取得するためには

バイクの免許を取得するための一般的な方法は教習所へ通って試験を受けることです。
自動車免許と基本的に同じようなシステムとなっていて、技能教習と学科があります。
確実に安全に免許を習得できるのですが、お金がかかってしまう点はデメリットです。

ダイレクト受験といって、いきなり試験を受けてしまうという方法もあります。
教習所に通わずに受験することになるのですが、合格率はかなり低くなっています。

何度も挑戦してやっとのことで取得できたという方が多いため、結果的に費用がかかってしまうでしょう。

普通二輪の場合、教習所では学科教習を26時間、技能試験を19時間受験します。
もし普通二輪小型免許をすでに取得しているならば、学科教習は免除されます。

大型二輪も基本的には普通二輪免許と変わらないのですが、もし普通二輪を持っているなら学科は免除されます。

普通二輪よりも大型二輪の方が技能試験のレベルが高くなっており、合格することが難しくなります。
卒業検定を受けて合格することができれば、免許が交付されてバイクに乗れるようになります。