バイクメンテナンスの点検個所

愛車を大切に

自分の愛車をいつまでも長く乗り回したいと思っているなら、きちんとメンテナンスをしましょう。
バイクというのはしっかりとメンテナンスをすることによって、できるだけ長持ちさせることができます。

一見、バイクの調子が良さそうに見えたとしても、きちんとメンテナンスをしないとすぐに故障してしまうことがあるのです。

バイクのメンテナンス箇所としては、エンジンやキャブ、フレームや足回り、駆動系、電装系、外装系といった部分があります。

また、ブレーキやホイールもきちんとメンテナンスをしておかないといけないでしょう。
バイクの中でも最も基本的な部分であり、心臓部ともいえるのがエンジンです。

キャブというのはエンジンに対して燃料を供給している部分でありこちらも重要です。
エンジンやキャブのメンテナンスはとても難しそうなのですが、実際は誰でも簡単にできます。
バイクの骨格といえる部分がフレームであり、脚といえるのが足回りです。

これらは外観を美しく保つためにメンテナンスが必要であり、サスペンション回りに関してはメンテナンスをすることで作動性が復活します。

駆動系はエンジンから生じたパワーを上手くタイヤに伝えるために必要な部分であり、メンテナンスは重要です。
駆動系をきちんと機能させるためには定期的にメンテナンスをしなければいけません。

電装系はバイクの調子を左右する重要な部分であり、念入りにメンテナンスするべきでしょう。
バイクの見栄えを良くしたいならば、外装系のメンテナンスは欠かせないでしょう。
ブレーキやホイールはバイクを運転する際の安全性に関わるためかなり重要です。

メンテナンスは自分でするべきか

バイクのメンテナンスについては自分で行うか、バイク屋さんに頼むか、二種類の方法があります。
バイク屋さんに頼む場合は当然お金がかかってしまうため、その点はデメリットといえるでしょう。

ただし、初心者の方は自分でメンテナンスをすることに不安を抱えているケースもあり、その場合はバイク屋さんに頼むことはメリットがあります。

どちらにしても、基本的なメンテナンス方法についてはきちんと理解しておくべきです。
メンテナンスの方法を知っておけば、バイクの基本的な仕組みが理解できるようになり、トラブル時にも適切な対処ができるようになります。

いざというときに役に立つことがひょっとしたらあるかもしれないのです。

たとえば長距離のツーリングに出かけたときにはバイクが故障してしまうこともあります。
そんなときにメンテナンスの知識を持っている方は問題なく対処できるでしょう。

非常時にすぐに行動できるようになるためにも、メンテナンスの基礎は学んでおきましょう。