僕がバイクを買った時の話

初めてのバイク選びは悩んだ

バイクを生まれて初めて購入するときというのはかなり緊張してしまうものです。
それまでの人生の中でも一番ドキドキする瞬間であり、どのバイクにしようかかなり悩んでしまう方は多いでしょう。
私も初めてバイクを購入する際には、どれを買うべきなのか散々悩んでしまいました。

いろいろな情報を集めたのですが、なかなか一つに絞り切ることができなくて、とても迷っていたのを思い出します。
あのときに悩んでいた時間というのは、今考えるとかなり幸せな時間だったのだなと実感します。
今でもバイクを買おうとするときには緊張してしまうのですが、初めてのときの気持ちとは比較になりません。

私の人生の中でも一大決心をした瞬間であり、あれほど真剣に一つのことに対して悩んでいたことはこれまでなかったことだったのです。

一人で悩むだけではなくて、バイクに詳しい人にも相談したりしました。
結局、自分が一番気に入ったバイクを購入するのが一番良いと教えられました。

きちんとアルバイトをしてお金を貯めていたため、お金については特に心配していませんでした。
貯金をすべてバイクに注ぎ込む覚悟ができていたため、いきなり新車を買うことにしたのです。

バイクを買うためにはいろいろとお金がかかってしまうのですが、費用に関してはまったく気になりませんでした。
バイクを買うことができる喜びと比較すれば、お金がかかるなんてとても小さなことだったのです。

ホンダのCB400SFを購入

いろいろと悩んだ結果として、やはり最初は乗りやすいバイクを買うべきだという結論に達しました。
そこで教習所で乗ったことがあり、とても扱いやすくて、しかも見た目がかっこ良いCB400SFを買うことにしました。
カラーはブラックを選んだのですが、とてもクールで男らしくてかっこ良かったです。

納車を待っている間は早く新しいバイクに乗りたくてとても待ち遠しい気持ちになっていました。
納車の日は朝からとても興奮していて、その日には何も予定を入れずに、バイクをすぐに取りに行きました。
すぐに手続きを終えて、さっそく新しく自分で買ったバイクに乗ってみました。

せっかく買ったバイクで事故を起こしてしまっては嫌なので、とても緊張しながら慎重に運転したのを覚えています。
最初はゆっくりと走らせて、新しいバイクの感覚を体になじませようとしました。

すぐにそのバイクに慣れることができて、最終的には自由にバイクを走らせて楽しみました。

初めてのバイクとしてホンダのCB400SFを選んだことは大成功だったと今でも思います。
癖がなく、完成度が高くて、かなり操作がしやすく、しばらくは愛車として楽しみながら走り回っていました。