DS400と250の比較

長くて低い

DS400とDS250にはどのような違いがあるのか比較してみたため参考にしてください。
まず外観について紹介すると、DS400は太くてゴツくてタフでマッチョなイメージがあります。
一方、250の方はスレンダーで伸びやかであり、長くて低いという特徴があります。

全長はほとんど同じなのですが、デザインや色の違いによって250の方が長く見えます。
400の方が全体的に大きく見えるデザインとなっており、実際に細かいパーツは250よりも太いです。

どちらの方が良いのかは完全に好みの問題となるのですが、個人的には400の方が男らしくて好きです。

スイッチ回りのデザインに関しては400は飾り気がなくて無骨な感じがあります。
一方、250の方は全体的にオシャレに仕上がっていて、洗練された雰囲気があります。
私は無骨な方が好みであり、オシャレなバイクはあまり興味がないため、やはり400に惹
かれてしまいます。

メーター回りについては400の方が250よりも高級感があって、キレイなイメージを与えます。
エンジン回りについてはそれほど違いがないのですが、250の方がメッキが多いです。
私はあまりメッキが好きではないため、やはり400の方が好みに合っています。

ライディングポジションについては、400でも250でもほとんど変わりません。
運転中の姿勢はバイクにとってかなり重要なのですが、どちらも同じ感覚で乗り回すことができます。

どちらかといえば400の方が前傾姿勢になり、250の方がゆったりとしています。
スチルポジションについても変わりはないのですが、400の方が多少足つきは良いです。

比較の続き

エンジンフィールについては400の方が基本的に速くて余裕があります。
ただし、400は低速になるともっさりしているため、低速については250の方が軽やかです。
ギア選びについては400の方がとても楽であり、総合的に考えるとやはり400の方が優れているでしょう。

ミッションフィールについては400よりも250の方がよりパワーが伝わっているのが分かります。
ただし、シフトフィールに関しては400の方が感じが良くなっているため、これらは好みといえるでしょう。
ブレーキについては、フロントは400と250の間にあまり明確な差はありません。

ただし、リアブレーキについては250よりも400の方がしっかりと効いている感じがあります。
燃費についてはそもそも車重が違うため、どうしても250の方が燃費は良いです。

400もけっして燃費が悪いわけではなく、むしろ同じ車重のバイクの中ではかなり良い部類に入るでしょう。

このように400と250は単に排気量が違うだけではなくて、それぞれ特徴が異なっているのです。
好みの問題となるのですが、やはり私は自分が今乗っている400の方が優れていると感じます。